資金繰り が厳しい社長は要計算

資金繰り が 厳しい 社長に計算して頂きたい指標があります。 債務償還年数 と 自己資本比率 です。 債務償還年数とはその名の通り、何年で借入金を返済できるのかです。 自己資本比率は総資産のうち純資産はどれぐらいなのかを…続きを読む

M&Aの価格算定

価格算定にもいろいろあります。 M&Aの 価格算定 はどのようにするのだろう? 自分の会社はいくらで売れるのだろう? とお考えの方も多いかと思います。 詳細な説明は意味がないので省きますが、相続税の財産評価額、D…続きを読む

設備投資のタイミング 経営強化税制

事業年度中のいつ買うべきか 経営強化税制をつかって税額控除や即時償却をする場合、事業年度末間際に設備取得をしてしまうと、税額控除等が利用できない場合があります。 税額控除等を利用する場合には、 G Biz プライムアカウ…続きを読む

後継者難による倒産

後継者が不在である事が原因の倒産が増えているそうです。 後継者難倒産を避けるには、次の事が大切です。 早めに事業承継のアドバイザーに相談する(私は公的機関はおすすめしません。) 経営者も理想と現実の両方を見る 恐らく「早…続きを読む

資金繰り が 厳しい 会社のM&A

資金繰りが厳しい状態になってM&Aの検討を始める企業をいくつか見てきました。 資金繰りに厳しい会社のM&Aは、売り手にとってベストとは言えない結果になるかもしれません。 なぜかと言うと、「時間」です。 資…続きを読む

コロナの先の資金繰り

早く前向きな世の中になると良いですね。その前にやるべき事があります。 コロナ禍で大量の資金が融資として企業に投下されてきました。 借入がパンパンに膨れている状態ではあるものの、現金は使い果たしつつあり、業績はマイナスとい…続きを読む

痔と事業再生

興味を惹きつけたくて付けたタイトルというわけではありません。 痔と事業再生は似ています。 債務超過の会社の売却のご相談を受けた際に考えた事です。 共通点 痔は 病院に行く必要性は知っているし、感じている 知られたくない、…続きを読む

事業承継補助金 専門家活用型

事業承継補助金 専門家活用型の公募要領が出ました。M&Aの着手金や成功報酬の補助対象経費については、委託費という区分になっています。その中には次のような記載があります。 委託先の選定に当たっては、原則として2 者…続きを読む