大切に育てた会社がいくらで評価されるのか?

時価純資産価額+利益の3年~5年分という考え方をよくききます。

あくまで考えるにあたっての一つの指標と捉えた方が良いです。

私の考えですが、これで売ってしまったオーナーは損をしているケースも多くあるんではないでしょうか。

買い手に寄与する利益が高いほど、価格は上がるはずなので「時価純資産+利益の3年~5年」だけを考えると売手オーナーが損をする事が十分あり得ます。

また、買い手においても「時価純資産+利益の3~5年」という数字が支配的すぎるとチャンスを逃す事になりかねません。