スポーツカーが社用車として認められたケースもあります

今回のニュースになっている事件は脱税した資金で購入しているので、疑う余地もなくアウトです。

これを会社で買っていた場合にはどうでしょうか?

個人所有の車があり、社用車としての利用記録もあったケースでは社用車として認められているケースがあります。

結局、事業で使っている事を証明できているのかどうかが問題です。

もちろん税務署が認めるハードルはあげてくるとは思いますので、それ相応の覚悟をもって記録をキッチリ残してください。

まったく残さないのであれば、とにかく事業で使う。取引先には車で行く。

社用車を中心として移動しているとする場合には、通勤費用の支給範囲に気を付けて下さい。、