オーナーから会社への貸付で債務超過になっている場合

実質は資産超過・オーナーからの借入により債務超過の会社をM&Aする場合には、株式1円+貸付金を時価で譲渡してしまう事になります。

財務諸表において引当金等の計上がないような場合には計上後の数字で資産超過・債務超について考えます。

オーナー貸付の時価は額面以下になるのが普通ですので損失が生じますが、ただこの損失は、原則として損益通算の対象にはなりません。

新オーナーは事業の再生を図りながら、貸付金を回収して行く事になります。

会社の状況にもよりますが、安定的な回収が困難であるような債権については、オーナーにおいて回収額が債権取得価額を上回った時点で課税が発生する事になるため、再生に専念して投資額を回収する事が可能になります。

会社は資産超過でオーナーから会社へ貸付が多い場合

返済可能であれば、返済する。

現状、キャッシュが会社にない場合には、新オーナーからの借入を行い、その現金を持って返済する。

状況により色々な方法があります。御相談は藤原淳税理士事務所までお願い致します。